ホーム不動産ご所有の皆様へ > 事例集

事例集

当社の不動産コンサルティングは単に売る・貸す・建てるのではなく、資産価値を上げてから売却したり、そのエリアで最も将来性がある方法で活用するなどお客様に最良の方法を選択していただくためのお手伝いをすることです。
下記より、これまでのコンサルティング事例をカテゴリー別ご覧いただけます。

  • 不動産有効活用
  • 相続対策、資産・事業継承
  • 賃貸不動産の管理
  • 不動産売買の仲介
  • 賃宅地の整理・権利調整

※当社にご相談いただく案件は複雑な問題を持つものが多く、2つ以上のカテゴリーに関わる事例がございますが、その場合は一番比率が高いと思われるカテゴリーに分類させていただきました。

不動産ご所有の皆様へ

Case01 底地と借地の等価交換による土地活用(貸戸建)賃宅地の整理・権利調整

住所 東京都大田区
面積 190㎡ 用途 底地⇒貸戸建

課題

地主

○底地の収益性が低い

○底地はトラブルが多いので子供には相続させたくない。 但し、底地の売却は考えていない

借地人

○古くなった建物の建替をしたいが承諾料や更新料の負担が大きい

ご提案内容

【底地と借地の等価交換を提案】

○地主と借地人双方のメリット 資金負担なく、所有権化することができる(面積はおよそ半分になる)

○地主のメリット 所有権化によって、土地活用が出来るようになり、売却もしやすくなる

○借地人のメリット 所有権化によって、承諾料や更新料が掛からずに建替ができるようなる

結果

○地主と借地人はそれぞれ95㎡の完全な所有権を取得

○地主は、等価交換後の土地に貸戸建を建築予定

底地の利回り 約2.6%

貸戸建の想定利回り 約12%

○借地人は、懸念していた承諾料や更新料が掛からずに建替できた

底地と借地の等価交換による土地活用(貸戸建)

Case02 権利関係・境界等が複雑な底地賃宅地の整理・権利調整

住所 東京都足立区
面積 約2,000㎡ 用途 住宅地

課題

○一筆の底地上に10数名の借地人
○借入の返済にあてるため底地を一部売
却したい
○売却価格を他の借地人との兼ね合いを
考え、基本的な基準を決めておきたい
○更新料不払い、地代不払い、相続人 不明等の問題がある

ご提案内容


  • ○売却する底地を分筆するための確定測量を兼ねて今後の借地売却のため全ての借地境の測量を行っておく(まとめて行った方がコストが低い)

  • 買取・売却の基準にする参考価格一覧を作成
    底地購入の見込みのある借地人には資金面についても
    アドバイス

  • 底地の管理を一括で受託し、問題のある借地人と当社が窓口となり交渉、問題解決を図る

結果

地境がすべてはっきりし、今後の買取・売却がスムーズになった

測量の結果借地面積が増加し、地代が月額
約8,200円増額した

底地売却により借入金の返済完了

今後の買取・売却・更新・各種承諾の基準と
なった

権利関係・境界等が複雑な底地

Case03 好条件での底地売却(貸し宅地整理)賃宅地の整理・権利調整

住所 東京都大田区
面積 1513.68㎡ 用途 底地→住宅地

課題

○複数所有する借地権の底地を借地人
に売却していきたい
(対象借地人は30名)
○できるだけ高く売却したい

ご提案内容


  • ○借地人30名に先着順に購入希望を受け付ける
    を打診し、契約時期を早く、また売却価格が高く
    なるようにする

  • ○事前に借地全体の測量を行い、借地境をはっきりさせ売却がスムーズに進むように準備してお

結果

数名から購入希望があり、一番良い条件の借地権者と底地の売買契約を締結した
(購入者は融資利用)

所有権価格の4割以上の価格での売却成功

好条件での底地売却(貸し宅地整理)