ホーム不動産ご所有の皆様へ > 事例集

事例集

当社の不動産コンサルティングは単に売る・貸す・建てるのではなく、資産価値を上げてから売却したり、そのエリアで最も将来性がある方法で活用するなどお客様に最良の方法を選択していただくためのお手伝いをすることです。
下記より、これまでのコンサルティング事例をカテゴリー別ご覧いただけます。

  • 不動産有効活用
  • 相続対策、資産・事業継承
  • 賃貸不動産の管理
  • 不動産売買の仲介
  • 賃宅地の整理・権利調整

※当社にご相談いただく案件は複雑な問題を持つものが多く、2つ以上のカテゴリーに関わる事例がございますが、その場合は一番比率が高いと思われるカテゴリーに分類させていただきました。

不動産ご所有の皆様へ

Case01 入札による不動産売却不動産売買の仲介

住所 東京都世田谷区
面積 532㎡ 用途 住宅地

課題

○所有している土地を周囲に知られずに売却したい

○少しでも高く売却できる可能性を追求したい

○売却までのスケジュールをこちらの都合で決めたい

ご提案内容

○入札による販売を提案

【入札のメリット】

①販売情報を一般公開せずに売却できる

②競争原理を働かせることで、好条件で 売却できる

③スケジュールを入札条件に組み込んで 販売することが出来る

【競争入札のデメリット】

①入札の事前準備に手間がかかる

②入札者の選別のリスクがある

結果

○20件以上の入札の結果 想定以上の価格で売却

【当初想定価格】2億3,000万円

【落札価格】   2億8,000万円

入札による不動産売却

Case02 建替え不可の借地売却不動産売買の仲介

住所 東京都大田区
面積 250㎡ 用途 住宅地

課題


  • ○道路への接道条件を満たしておらず、建物の建替えができない土地のため売却が難しい

ご提案内容


  • ○建替えができる土地にするために道路を新設

  • ○隣地戸建(築40年・3世帯家族 居住・平屋建)の建替え資金を提供することで道路用地を獲得(建物建替費用と道路用地を等価交換

結果

投資金額 約2,400万円
(3世帯家族用3階建住宅)
約600万円
(道路新設工事)

資産価値 1億2,000万円のアップ

建替え不可の借地売却

Case03 水田から住宅地へ不動産売買の仲介

住所 東京都稲城市
面積 1,300m2 用途 田→住宅地

課題


  • ○市街化区域の水田であり評価額が
    高いため、固定資産税の負担が大きい

  • ○相続発生時に売却出来る様にしておきたい

  • ○水田として利用しているため住宅地として利用するには大幅な土の入れ替えが必要(工事費大)

ご提案内容


  • ○地質専門会社に調査分析を依頼し土の入れ替えを最小に抑える調査結果を 取得(宅地造成工事費約2,000万円ダウン)

  • ○9宅地中一部は売却し、残りの宅地は保有

結果

投資金額 (造成工事費) 約5,000万円

6区画を売却 造成工事約5,000万円の 支払と相続発生時の納税準備金

※残りの3区画は更地で保有

水田から住宅地へ

Case04 広大遊休地の宅地化による売却不動産売買の仲介

住所 神奈川県大和市
面積 1300坪 用途 山林→住宅地

課題

○長年雑木林のまま利用されていない土地があり収益性や相続税に懸念がある

○四方を他人の所有地に囲まれ接道のない広大な敷地でありこのままでは建物が建築できない

ご提案内容

○他とは差別化されたプランで宅地分譲を行う

・曲線を生かした区割り ・中心に公園を配置

・アプローチに門柱を設置

○隣接する一戸建2軒を等価交換で取得し(土地は開発区域内に等価交換して建物は新築)開発の接道条件を満たすことで造成可能な土地とする

結果

投資金額 1億1,000万円 (造成工事費・戸建建築費2軒分)

資産価値 4億5,000万円のアップ

近隣相場の約15%アップの価格で 売却が実現

売却せずに残した土地は 賃貸住宅 を建て運用。将来の承継資産として も検討

広大遊休地の宅地化による売却