ホーム不動産ご所有の皆様へ > 不動産有効活用

不動産有効活用

近年、好立地の場所以外では、今までのように借入をして建物を建築すればよいという時代ではなくなってきています。不動産という大切な資産の活用はありきたりな方法では難しい時代です。社会ニーズの変化や税引き後の手取り収入を意識しない甘い計画や間違った相続対策が有効活用の失敗につながります。当社は成功する有効活用を実現します。

失敗しない有効活用のポイント

あらゆる選択肢の中から最良の方法を選択

これまでは、土地活用と言えば賃貸不動産の建築、それも容積率の最大限までを使って大きく建てることが一般的でした。
しかし、不動産の需要が多様化するなかで、これからは立地条件(土地の特徴や隣地の状況も含む)と人的条件(土地所有者様の経済的な状況、次世代への相続方法等)を考慮に入れた土地活用を考える必要があります。
同じ土地でも土地所有者様それぞれの状況が異なれば土地活用の方法も異なりますので、何が最適なのか、あらゆる選択肢から考えて行く必要があります。
当社は最低でも6パターン以上の選択肢を提案させていただいております。

ご提案サンプルの一例

事前の収支シミュレーション(税引き後)が不可欠

不動産活用といっても、様々な手法があることがお分かり頂けたと思いますが、
いずれの手法でも共通する大原則があります。
それは、事業性があること、つまり収支がプラスとなっていることです。
事前に今後20年のシミュレーションを出している建築会社等は多いのですが、実は税金が考慮されていなかったり、賃料が20年据え置きだったり、コストが考慮されていなかったりするものがよくあります。最終的に手元にいくら残るかが非常に重要なのです。

事前の収支シミュレーション(税引き後)が不可欠

専門家との提携による強力なプロジェクトチーム

当社は弁護士、税理士、設計士、リフォーム会社、測量会社など各種の専門家と幅広く提携をしています。こうした専門家の知見を活かすためには、当社がチームの中心となり、専門家のとりまとめや事業の進捗監理等を行い、土地有効活用を成功に導きます。

専門家との提携による強力なプロジェクトチーム

事例はこちらからご覧ください。


不動産ご所有の皆様へ

賃宅地の整理・権利調整

不動産
有効活用

賃貸不動産の管理

不動産売買の仲介

相続対策
資産・事業の継承

不動産
セカンドオピニオン

不動産診断サービス

「築20年超え」のアパート・マンションを満室にする秘訣

【不動産活用】出版記念特別無料相談会

空き無(商い)大辞典

不動産のセカンドおピニオン

株式会社市萬採用サイト

不動産経営アカデミー

賃貸経営パートナーズ

西島昭公式アカウント

  • facebook