応募(エントリー)

HOME > 働く環境を知る > ダイバーシティについて

スタッフのキャリアビジョン

不動産の仕事は、きめ細かな女性ならではの視点が活かせる仕事です。市萬では、そうした女性の活躍のために、性差や年齢を超えて、多様な働き方を支援しています

市萬では多くの女性が活躍しています。

お客さまにとっての価値向上を実現していくために、年齢、学歴、キャリア歴、ライフスタイルなどさまざまな背景からなる個々人の考え方や価値観が必要だと考え、性別に関わらず活躍できる環境づくりに取り組んでいます。

誰もが自分のライフステージに合った働き方を実現できるように幅広い選択(勤務時間・曜日・出勤スタイル)の提供を目指しています。

通常の「パートタイム勤務」ではなく、限られた時間の中で、その範囲内でのミッションを全うして、成長をしていただくという考え方です。

この働き方から、総合職にキャリアチェンジも可能です。
実際に、出産後育児期間にパートタイム勤務で入社→フルタイム→総務部長→取締役というキャリアを積んでいるスタッフもいます。

フルタイム勤務と時間給勤務の違いについて

市萬にはフルタイム勤務と時間給勤務のふたつの雇用形態があります。いずれも、雇用形態・勤務形態が異なるだけの対等な「スタッフ」です。

すべての仕事にミッションがあり、その大きさは、本人の能力・雇用形態・出社可能日数によって異なります。
また、総合職は基本的にフルタイムでの勤務としています。マネジメントは毎日必要だからです。

切り口 国の方向性 市萬の考え
1.雇用形態

実態重視・多様化・自由化へ

働く人の状況に合わせて対応する
すべてオーダーメイド
2.労働時間 短縮へ 会社の拘束時間は短縮
3.時間管理・休暇 柔軟化へ 働く人の状況に合わせて対応する
会社は無休化タイムシュアリングする
(休日だけの人・夕方からの人も採用)
4.雇用年齢 エイジレスへ 年齢制限を原則なくす
退職日を選ぶのは会社ではなく働く人
仕事内容で年齢に対応する
5.男女の性別 役割分担の撤廃へ 適材適所
6.母性保護 重視へ 帰宅時間の厳格化
7.育児・介護 重視へ 在宅・帰宅時間選択