応募(エントリー)

HOME > 働く環境を知る > 独立支援 (のれん分け)

目指せ一国一城の主

あなたの独立を支援します

独立支援 (のれん分け)は、自分で会社を持ちたいと考える社員が、市萬で10年間キャリアを重ねた後、独立することを支援する制度です。

学生や若い人が、一国一城の主になってみたいという夢を持つことができ、一生会社に勤めるのではなく自分自身で会社を経営していくことができる可能性を作ることで、日本の経済にも元気を与えることができるのではないかというのがこの制度の狙いです。

この制度の第一号になる可能性を持った社員に修行をかねて行ってもらおうと考えています。まずは営業所長といった位置づけで運用を始めます。

もうひとりは10年後に独立したいと考えている入社間もない新人です。今後、指導をしていくことで、独立を果たしてもらいたいと考えています。

独立を目指す社員には、当社で徹底的にノウハウを吸収していただき、会社を経営できる資質が身につけられるよう指導します。
独立後は、具体的には物資の支援を行います。「物」の一つはブランドの提供です。現在は市萬という社名だけで活動をしていますが、今後は社名とは別にブランド名を作りたいと考えています。

また、独立した際には経理などのバックオフィス機能と、もし単独で開発をするとすれば数千万円の投資が必要となる賃貸管理のシステムが利用できるようバックアップをする予定です。

「資」は資金ですが、資本金の準備が難しければ、市萬が一部出資するというスキームを用意するつもりです。

独立支援

また、この制度には別の側面もあります。不動産の仕事は中央集権的に人を一か所に集めて広げていくというやり方ではなかなかうまくいかないと思います。

そのためビジネスのエリアを拡大していくためには、市萬が外に出ていくのではなく、独立する社員が作る別会社が地域に根付き、街を良くするための仕事をしていくという方法のほうが有効だと考えています。

中小企業にとって地域に密着し、人と人のつながりを拡げていくことは企業を継続させるために不可欠であり、ここに力を入れられることが大手にない強みともいえます。

市萬の理念を理解して、独立する会社が、市萬とともに不動産を通して世の中を良くする仕組みを作っていくことで、永続していく市萬の企業文化を浸透させ、理念を実現させていきたいと考えています。