ホーム不動産ご所有の皆様へ > 不動産有効活用

不動産有効活用

近年、好立地の場所以外では、今までのように借入をしてアパートを建築すればよいという時代ではなくなってきています。不動産という大切な資産の活用はありきたりな方法では難しい時代です。社会ニーズの変化や税引き後の手取り収入を意識しない甘い計画や間違った相続対策が有効活用の失敗につながります。当社は成功する有効活用を実現します。

不動産的側面×人的側面でベストマッチな土地活用を見つける

これまでは、土地活用と言えば賃貸不動産の建築、それも容積率の最大限までを使って大きく建てることが一般的でした。
しかし、消費者ニーズやライフスタイルが多様化している今、その活用方法も多種多様になってきています。一つとして同じものがない不動産同様、所有者の状況もひとそれずれです。土地の状況など不動産的側面はもとより、活用する人の考え方やとりまく環境など人的側面も考慮して、あらゆる選択肢の中からベストマッチな活用方法を見つけることが大切です。

ご提案サンプルの一例

検討の手順

01不動産的側面の確認

不動産の特徴から、土地活用の手法を検討する

02人的側面の確認

オーナーの考え方やとりまく環境(目的・家族・価値観)から土地活用の方向性を検討する

03プランの選定(建物を建てる場合は規模と種類を決定)

01,02からベストマッチな手法を選択し、建物を建てる場合は規模と種類を決定し、建築会社を検討

04事業収支の確認

事業計画書を作成、事業収支が自分の希望と合致しているか確認。建物を建てる場合は建築会社に見積もりを依頼

05事業決定

工事の請負契約締結

事前の収支シミュレーション(税引き後)が不可欠

不動産活用といっても、様々な手法があることがお分かり頂けたと思いますが、
いずれの手法でも共通する大原則があります。
それは、事業性があること、つまり収支がプラスとなっていることです。
事前に今後20年のシミュレーションを出している建築会社等は多いのですが、実は税金が考慮されていなかったり、賃料が20年据え置きだったり、コストが考慮されていなかったりするものがよくあります。最終的に手元にいくら残るかが非常に重要なのです。

事前の収支シミュレーション(税引き後)が不可欠

専門家との提携による強力なプロジェクトチーム

当社は弁護士、税理士、設計士、リフォーム会社、測量会社など各種の専門家と幅広く提携をしています。こうした専門家の知見を活かすためには、当社がチームの中心となり、専門家のとりまとめや事業の進捗監理等を行い、土地有効活用を成功に導きます。

専門家との提携による強力なプロジェクトチーム

事例はこちらからご覧ください。


不動産ご所有の皆様へ

物件確認

不動産のお悩みまとめて解決セミナー

新板 お金が貯まる”不動産活用の秘訣

賃貸経営パートナーズ

不動産経営アカデミー

株式会社市萬採用サイト

西島昭公式アカウント

  • facebook